Webサイトを作りました。

こちらです。

ブログの機能もあるのでこちらはあまり使わなくなるかも…。記事を見てくださったみなさん、コメントを頂いたみなさん、ありがとうございました。今後も私の活動を見守ってくだされば幸いです。

それでは。

無課金作曲講座

 みなさんお久しぶりです。DTMerは課金の沼に嵌ると抜けられなくなることが知られていますが、私はなんとか持ちこたえているつもりです。出せないサウンドを機材のせいにするのは良くないですね(ギクリ)。

 そんな私も、音楽制作を始めたのはDSのソフト(KORG DS-10 PLUS)でしたし、PCで一番最初の曲はフリーソフトのDominoとMSGSで作りました。お金がかかるかどうかというのは物事の敷居を高くする重要なファクターで、その点無料ツールは興味のある初心者がまず手を付けるものでしょう。

 時は流れ、私がDTMを始めたころより環境は充実しています。今回は音楽制作できるフリーソフトに焦点を当て、2つ紹介します。ひとつはDAW(Digital Audio Workstation、=音楽制作ソフトととらえて基本的には差し支えないです)のStudio One Prime、もうひとつは譜面作成ソフトのMuseScoreです。

 !注意!

 この記事はWin環境を想定しています。Macに対応してるかどうかはあまり考えてないです。そもそもMacにはGarageBandというかなりの機能を持ったソフトが標準装備されています。うらやましい。GarageBandに満足できなくなったら有料ソフトの購入を検討すればいいです。

 ①Studio One Prime

 今DTMを始めるなら真っ先におすすめできます。Studio Oneは業界シェアトップクラスのDAW、Cubaseの元スタッフが作ったソフトウェアで、確かな基本性能と洗練された操作性が特徴です。いくつかグレードがある中で、無料で使えるのがPrimeというグレードです。Studio One Primeですが、目立った欠点は

・外部VSTi、VSTの読み込みができない

 これだけです(これが無料にできる理由でもあります)。要するに楽器、エフェクトの拡張ができません。ただ、標準の楽器、エフェクトは十分な品質がありますし、楽器に関してはSoundfontというライブラリーを読み込めます。

 そもそも、何も知らないのにフリーVSTを探し回るのは大変ですし、必要なものが分かってないまま時間を無駄にするより音楽制作に時間を回したほうがいいと思います。

 導入に際して迷う点もほとんどありませんし、アップグレードしたくなっても追加インストールいらずで簡単に行えます。これが無料で提供されているのは恐ろしや。


 ②MuseScore

 こちらはStudio Oneと違って、譜面を作成するソフトです。フリーの譜面作成ソフトで有力なものには他にFinale NotePad (これは業界大手が出している無償版)がありますが、機能制限がややきついのでMuseScoreがいいと思います。

 通常DTMではピアノロールと呼ばれるExcelみたいな画面でノート(音符)を打ち込むものですが、これは譜面で入力できるので「私楽器は習ってたけどPCわからない」というような人はとっつきやすいのではないでしょうか。内臓音源しか使えないので音作りなどはできませんが、そうしたことに興味を持ち始めたらMIDIで書き出して別のソフトに読み込ませましょう。印刷してオリジナル楽譜を作ることもできる、楽しいフリーソフトです。




 他にも優れたフリーソフトは大量にありますが、Studio Oneが優秀すぎるので割愛します。というのも、Studio One Primeの弱みである「VSTが使えない」点が気になる頃には、オーディオIFなりMIDIキーボードなりが欲しくなっているだろうからです。これらの多くにはオマケで製品版の機能を制限したバンドル版DAWがついてきます。したがって癖のあるソフトを使うことにリソースを費やすより、出来の良いStudio Oneで基本を学べばいいのではないかと思います。



まとめ

 ・Studio Oneはいいぞ

 ・譜面がいいならMuseScoreで



 ちなみに僕が使っているのはCubaseだったりします。ボカロえでぃた…ここらへんの話は別の機会にしましょう。
 僕の力が及ぶ限り、質問も歓迎します。音楽制作に興味があるあなたの、第一歩に期待します。

 それでは。

【レビュー】JOE SATRIANI & VOX ice9 OVERDRIVE

P1060350_1024x683

 アンプで有名なVOXと、ギタリストのジョー・サトリアーニ氏が共同開発したエフェクターの一つ、ice9 OVERDRIVEです。以前ハードオフに立ち寄った際、見た目がイケてると思い購入した気がします。
 ご覧の通り、ブルーのLEDが眩しい、個性あふれるスタイルです。コントロールは通常のもの以外に、超低域を付加するというBASSノブ、クリッピング回路の切り替え、Moreという名のブーストスイッチとなっています。公式サイトによるとブーストは14dB。ゲインも同時に上がります。

 良い点とよろしくない点をまとめると、

 良い点

 ・かっこいい・・・ルックスは大事。

 ・ノブが操作しやすい・・・VOX自慢のチキンノブ。とても大きく、足でも動かせます。値を確認するのも楽ですね。

 ・ゲインの幅が広い・・・チューブスクリーマー系統の歪みに聴こえます。ディストーション に近いくらいまで歪みます。擬音語で言うとブハァーという感じ。伝わらない。結構好きです。

 ・クリッピング切り替え可能・・・Vintageモードは優しい感じで、Modernモードにするともう少しハイファイになります。好みで使い分けが可能ですね。私にはよく分かりませんが。

 よろしくない点

 ・TONEとBASSの調節幅・・・ほかの歪みと比較しての話ですが、TONEはこもりがち、BASSは多めです。TONE全開、BASS最小でも十分使える音なので、設定範囲がやや残念です。このあたりは、サトリアーニ氏の機材上の都合かもしれません。

 ・Moreスイッチのゲインアップ量・・・普通にバッキングをしていて、よし、ギターソロだから目立つぞ! おりゃ! と踏むようなケースでは少し音量が足りません。そのため、Moreスイッチは音作りによって使い分け、ブースト用に別のエフェクター等を使うことになる気がします。

 ・ノブがすぐ動いてしまう・・・良い点とは逆です。大きい上に固くもないためすぐ動きます。印をつけるなり固定するなりしないとライブ本番でいきなりボリュームが下がっているなどのハプニングに繋がります(繋がりました)




 音はいいと思います。ただ、やや使いづらい要素もあるかなあと。繰り返しになりますが、とてもかっこいいです。・・・以上、レビューでした。それではまた。

【レビュー】MVP Most Valuable Pedal ~あなたのインピーダンスはいくつ?~

P1060242_1024x683

 全然更新をしていませんでしたが、元気なので安心して下さい。購入して9ヶ月ほど経過した、アーニーボールのボリュームペダルをレビューします。

 このペダルの特徴は、ボリュームペダルとしては珍しい、電源が必要なアクティブペダルであること、それからブーストも可能である点です。
P1060243_1024x683

 入出力とコントロールはこちら。つまみは最低音量(0~50%)及びブースト量の調節です。電源はアダプターの入力のほか、9Vの角形電池にも対応しています。


 使用感は、かなり良いです。音痩せも気にならず、ディストーションの前につなげて歪みを調整する役目をきちんと果たしてくれています。最低音量調節のおかげで、ペダルを奥にしたとき、ミュートではなくクリーントーンに保つことが出来ます。踏み心地も、見た目通り安定感があります。

 それから、思わぬ副産物ですが、オーディオI/Oを介してPCに楽器の信号を直接レコーディングする際にも有効でした。I/Oのギター用入力に直結した時よりも、音に存在感が出ている気がします。おそらく、バッファとしての役割を発揮できているのだと思われます。

 ボリュームペダルで迷っている方は、ご一考してみてはいかがでしょうか。それではまた。

【サウンドレビュー】BOSS DA-2 Adaptive Distortion

P1060283_1280x854

 かれこれ入手して1年ほど経過した、BOSSのディストーションです。

 MDPという最新のデジタル技術を駆使した、分離の良い歪みという触れ込みで評判も悪くない製品でしたが、DS-1x、OD-1xの発売に伴ってか、BOSSエフェクターとしてはかなりの短期間で生産を終了しています。今から入手するなら在庫を探すか中古になりますね。
 マルチエフェクターのGT-100及びGT-001にもこの機種が含まれているようです。

 肝心のレビューに移ります。触れ込みの通り分離感も優秀なのに加え、ゲインを変えると歪みの質感も変化します。A-DISTのつまみを9時くらいにすれば、ジャキジャキのクランチを作ることも可能で、非常に弾いていて楽しいです。2バンドのイコライザーによる音の調整も優秀ですね。メタル系ハイゲインはちょっと厳しいですが、それ以外なら多様なジャンルに対応できます。
 難点を挙げるとすると、低音弦でブリッジミュートを行った場合、低音がボワつくところです。他の歪みではあまり気にならないので、私の腕が低いわけではなさそうです。BASSつまみを下げるなり、あとでローカットするなりしないといけないのがちょっと残念ですね。それ以外は全体的に優秀です。

 私の楽曲でもかなりの頻度、いや、入手後はすべての楽曲で使われています。私のギターやミキシングはお粗末ですが、こいつのすごさはお分かりいただけると思うのでリンクを貼りつつ紹介します。

 ・ありふれた魔法

 ギターの歪みは全部DA-2です。ローコードを刻むクランチ、やや歪んだアルペジオなど、低いゲインで使用するとこんな感じです。分離の良さが分かりますね。

 ・ジェラシック・パークII

 イントロ、間奏などのメロディ以外はDA-2です。右のギターはサビでいろいろ動いていますが、音が濁らないので助かります。全部同じセッティングで演奏しましたが、パワーコードの力強さと高音域の滑らかさを両立できています。

 ・風が吹くとIKEAが儲かる

 右のギター、およびギターソロのメイン歪みに使用。イントロから聴けるリフのようにアンサンブルで抜けてくる音も作れます。

 ・壊れそうな回転木馬

 ギターソロのみですがこちらも。ぴったり2オクターブの音域があり、低音側でいい音を作ると高音が細くなるなど難しい局面ですが、バランスの良いサウンドを容易に作れました。



 <まとめ>

 私が曲を作るときは、アンプシミュレーターでは歪みを作らず、エフェクターで歪ませています。そうした中でDA-2は多様な歪みを一台で作ることが出来るためとても重宝しています。あまり頼りすぎるとサウンドが一辺倒になってしまいそうで怖いですが、今後も私のよき相棒の一人となりそうです。

フリープラグインでマスタリング! 全行程見せます!!

 一昨日投稿した「風が吹くとIKEAが儲かる」は、今までで一番コメントがもらえており、嬉しく思っています。同時に、思ったほど再生数が伸びないのはギャグセンスが不足しているからなのでは・・・、と心をえぐられる思いです。

 さて、昨今の音楽シーンにおける音圧(ここでは聴感上の音量といった意味合いで音圧という言葉を使います)競争は落ち着きを見せ始めていますが、我々アマチュアが動画共有サイトに音楽をアップする場合、他の曲より音圧が低いと、それだけで評価が低くなってしまうこともあります。
 私もマスタリング用のプラグインにお金をかけることは出来ず、上がらない音圧、伸びない動画、上達しないギターに頭を悩ませていました。・・・今も悩んでいますが、様々なプラグインを駆使して、何とか聴くに堪えるレベルにまでもっていくことが出来たと思っています。

 そこで今回は、皆さんに私の今回の曲におけるマスタリングの全工程をお見せします! 腕の良い方には参考にならないと思いますが、「どうすりゃ音圧上がるんだろ・・・。」「金掛けないとダメかな・・・。」と思っている方のお役に立てれば、DTMerの端くれとして嬉しい限りです!

 免責: 各プラグインのダウンロードは各自の自己責任でお願いします。現在も同じプラグインをダウンロードできるかは分かりません。また、皆さんの環境に悪影響をきたす可能性も否定できませんし、それについて私が保証することもできないので、そこはご理解下さい。プラグインの導入方法についても解説は致しません。

 

Photo

 これは「風が吹くとIKEAが儲かる」のプロジェクト全体です。私の制作環境はWindows8.1のノートPC、Cubase Artist 7となっています。トラック製作やミキシングの解説はまたの機会にしましょう。

2

 そしてこちらが、マスタリングを兼ねているStereo Outトラックです。5つのプラグインを用いました。最後のUV22HRだけはCubase付属のものですが、これはディザリングという工程を行うものなので、無くても品質に大差はありません。それ以外はフリーで入手可能なものばかりです。
 各プラグインのパラメーターを解説していきます。

Photo_4

 

 最初のプラグインは「Moto Q」。イコライザーです。時々寄付のお願いが表示されますが、基本的に無料で使える優秀なものです。スペクトルも表示されるので視覚的に分かりやすいですね。この曲はコード楽器がエレキギターのみで高域が足りていなかったので高めの周波数を持ち上げています。

3

 続いては「TDR Feedback Compressor II」。コンプレッサーです。通常のコンプは瞬間的な音量に対して反応しますが、これは平均的な音量(RMS)も見ていて両方のパラメーターをブレンドして圧縮を行えるようです。・・・正直あまり理解できてないです。マスタリングでコンプレッサーを用いると音のアタック感が変わるほか、この後かけるマキシマイザーの効果を高める効果もあります。各パラメータはプリセットの「Mastering: Loud」をベースに「MAKEUP」を少しいじったくらいです。プリセットがついてくると手軽で、勉強にもなるので良いですね。

       

4
5

 3つ目と4つ目は「LoudMax」。マキシマイザーです。マスタリングで一番重要といっても過言ではないマキシマイザーは、「絶対にはみ出さないリミッター」のようなものです。スレッショルドで設定したレベルより大きな音を確実に潰し、その分を増幅することにより音圧が上がります。文字だけ書くと簡単そうですが、この過程は元のサウンドを壊してしまうことを意味します。そのため、いかに原音に忠実なまま音圧を上げられるか、各メーカーがしのぎを削っているのです。
 フリーのマキシマイザーはいくつか試しましたが、私はこのLoudMaxが一番音を潰していないように感じます。私の必須プラグインの1つです。
 同じプラグインを2つ用いているのは、マキシマイザーは1回で大きく音を潰すより、数回に分けた方が良いとどこかで小耳にはさんだからです。実際そう思います。右のメーターは潰した音量を示しているので、1回目と2回目で大体3~4dbずつ潰すようにしています。細かい数値は書き出して確認しながら調整していきます。また、クリッピング(音割れ)を防ぐために最後のアウトプットは-0.2dbに調整しています。


まとめ

 ここまで読んで下さりお疲れ様です。私もいろいろなところから情報をかじってやっている段階ですが、参考になればうれしいです。「ここよく分からないなあ」とか「もっとこうすれば良くなるよ」といったことがあればコメントをください。ミックス、マスタリングともそれでご飯を食べる肩がいるほど奥の深い世界ですので、まだまだ改善の余地はあるはずです。我々底辺のレベルを上げることで、音楽の世界全体を盛り上げていきたいものです。

 それでは。

 

「風が吹くとIKEAが儲かる」を投稿しました。

 お久しぶりです。この一か月はボツ曲をいくつかためていましたが、ようやく投稿にこぎつけました。まずはリンクを。ニコニコ動画Youtubeインスト版 です。


 それでは楽曲を解説します。この曲は曲先でした。別の曲のサビを考えていた時、リードギターのバッキング(右のギターです)を思いついたのですが、その曲には合わないと判断し、新たにAメロ、Bメロを用意することにしました。そうして曲とメロディーは完成したのですが、歌詞が全然思い浮かびません。ネタ帳を読み返しますがどうもしっくりこない。

 そんな時に頭に浮かんだのが「風が吹くと桶屋が儲かる」ならぬ「風が吹くとIKEAが儲かる」でした。Googleで検索しても同名の楽曲はなさそうだったので、ここから着想を広げ(?)、歌詞もめでたく完成。レコーディングとVOCALOIDの編集をして、今の形になりました。

 そんな訳なので歌詞は自分で見てもいまいち意味が分かりません。一応、現状に甘んじず向上心を持ちたいなあといった内容にしたつもりですが、解釈は聴き手にお任せします。

 この曲では今までよりも積極的なサウンドのアプローチをしています。Bメロではトレモロとフェイザーで音色を加工し、逆再生も取り入れました。サビ前にインパクトを持たせることが出来たと思います。演奏はギターとベースですが、過去最高のテンポであり大変でした。特にギターソロがお粗末な出来になっています・・・。もっと上達したいものです。押弦とピッキングのタイミングを合わせることが目下の課題ですかね。


 長文になりましたがお読みくださりありがとうございます。今回の曲のミックスは音圧と周波数スペクトルの観点で見ると大体2000年のCDのレベルです。動画共有サイトでちゃんと聴いてもらうためには、ミキシングもさらに上達する必要がありそうです。楽曲そのものも含め、さらに良い曲を作れるようにしますので、今後もご期待ください。


 それではまた。

「Fender Modern Player Telecaster」レビュー

 私がこの冬に購入したギターです。今までは親から借りていたレスポールタイプのギターを使用していました。曲作りをしていく中で、シングルコイルのサウンドが欲しくなり、その欲望が高まりながらも、パワーコードでお茶を濁す日々が続きました。月日は流れ、このギターと出会うことになります。

P1060190_683x1024

 画像が回転しちゃってますね。ひねくれ者なのでしょう。
 まずは簡単に紹介をします。まず、このModern Player SeriseはFender無印の名を冠してはいますが、中国生まれです。恐らくSquierと同じ製造ラインでしょう。そのため、リーズナブルになっています。また、その名が示すように、普通のモデルとは仕様の異なる、「モダンな」スペックにもなっているのも特徴ですね。
 このModern Player Telecasterはセンターにストラトタイプ、リアにコイルタップ可能なハムバッカータイプのピックアップを搭載したSSH配列のテレキャスターです。

 今回ギターを選ぶにあたって設定した条件が、

・予算5万円くらい
・リアはハム、フロントはシングルかコイルタップ可能であること
・ストラト系は形が好きじゃない、トレモロ使えない
・家のギターがレスポールタイプなのでギブソン系はパス

 以上4点です。これに合致するギターとなるとほとんどありません。PLAYTECHのテレキャス上位モデル、Squier 51、サイクロン、IbanezのFR420等が他にはありました。いろいろ迷いましたが、最終的にはFenderへのあこがれが背中を蹴飛ばしましたね。

 田舎に住んでいて、しかもインフルエンザに感染していたため、通販で買いました。
P1060181_1024x683

 こんなソフトケースに入っています。
P1060184_1024x683

 しっかりロゴが入っていますね。かっこいいです。チューニングもしっかり出来ました。
P1060185_1024x683

 こちらが特徴のピックアップ。画像では見切れてしまっているコントロール部ですが、5wayセレクター、ボリューム、リアピックアップのコイルタップ切り替えトグルスイッチ、トーンの順に並んでいます。なお、フロント+センターおよびセンター+リアコイルタップのハーフトーンを選ぶとノイズキャンセルされるようで、リアハムにした時と同等にほぼノイズレスとなります。


 肝心の演奏ですが、私には評価できるだけの力量はありません。ただ、ロングスケールになったことでハイポジションのアルペジオがやりやすくなりました。私の指は短いうえに細くないのでレスポールタイプだとかなりやりづらかったのですが、そこは良くなりました。
 サウンドも、期待通りのシングルサウンドでした。センターピックアップで、軽くクランチさせてオープンコードを弾くと楽しくなれます。リアはハムバッカーなのでうるさくディストーションをかけたい時も使える万能さもいいですね。機能投稿した曲 はこのギターを初めて使った曲です。右はフロント、左はセンター、パワーコードの部分はリアハムのポジションです。歪みはすべてBOSS DA-2でした。


 このギター、日本語のレビューがほとんどないんですよね。そのため今回書いてみました。なかなかニッチな立ち位置の一本ですが、検討中の方の参考になればうれしいです。もし何か質問があれば気軽にコメントくださいね。答えられる範囲で全力回答いたします。


 それでは。

楽曲解説「ありふれた魔法、アリフレテナイアレンジ」

 この前の曲 についての記事を書いてないですね。いろいろと思い入れももちろんありますが、正直なところ、修学旅行前に終わらせたくてミックスが突貫工事気味なんですよ。そのためあんまりコメントすることはないです。しいて言うなら、MAXON OD-9の歪みが結構良かったということでしょうか。

 さて、それでは今回の曲についてです。リンクはニコニコ動画がこちら 、Youtubeがこちら です。
 新年一発目の曲です。1日に年賀状のネタを考えている最中、即興で歌詞を作りました。それに合いそうなメロディを考えたところ、意外とよかったので採用したのが作曲のきっかけです。途中からその詩とは無関係なメロディーになったので、今まで書き溜めてたフレーズ等も組み合わせつつ歌詞も出来ました。

 曲のポイントは・・・、新しいギターのサウンド、そしてランゲルハンス島以来となるベースの演奏ですね。あとは、エレクトリックになったドラムでしょうか。

 ギターは、Fender Modern Player Telecaster Plusというもので、簡単に言うとピックアップがSSH配列のテレキャスです。アルペジオにはフロント、リズムギターにはセンター、パワーコードにはリアのポジションを使いました。今まではレスポールタイプのギターしかなかったので、シングルコイルのキレのあるサウンドは新鮮なものがあります。
 ベースは今まで下手すぎて弾くのを躊躇っていました。しかし、どうも目指している音が出ないので、いろいろな曲のベースについて調べたところ、ジャズベのピック弾きが個人的に気に入りました。そして先日、家にジャズベがあることが発覚しました。これはもう弾くしかありませんね(笑)。もちろんそんなにうまくないのですが、コンプレッサーで潰せば聴くに堪えるレベルにはギリギリなります。今までベースラインをないがしろにしがちでしたが、やはり大切だなあと感じました。

 ドラムは当初アコースティック音色にするつもりでしたが、途中で四つ打ちさせてみたら案外しっくりきたのでキックをHalion(Cubase付属の総合音源)のものにしました。それ以外は、毎度おなじみBFD Ecoを加工しています。タムは割といい感じに音作り出来ました。


文字が多い。ここまで読んで下さった方、あなたは本当に素晴らしい方です。これからもはっともっとを応援してやって下さい。今後も頑張りますので。

 それでは。

{楽曲解説、エフェクターなど}新曲出来ました「タイトルなんて再生してくれればなんでもいいのよ♪」


お久しぶりです。長らくスランプが続いていましたが、ようやく投稿にこぎつけました。

 URLはニコ動がこちら、Youtubeがこちらです。
 今回の動画は、事務員526さんがイラストを描き下ろしてくれました!!!
リアルな方の友人です。本当に感謝しています。多分この記事読んでくれないけど。まあ気を取り直して、曲のことと、ギターのエフェクターのことについて書いていきますね。
  <楽曲について>
 この曲、サビのメロディーは3ヶ月前くらいから浮かんでいました。ただ、Aメロがしっくりこなかったり、コード付けを迷ったりして、先日形になったという感じです。そういうわけで、サビはかなりお気に入りです。
 サビ16小節全体にコーラスが入っていますが、1~4、9~12小節目がIA、5~8、13~16小節目がVY2V3のライブラリです。聞き流す分には分かりにくい差だと思います。ここで言いたいのは、VOCALOIDで厚みのあるコーラスを作りたいけど女声ライブラリが足りない人は、男声を使っても割とうまくいくのでは、という提案です。試してみてね。
 イントロ、メロ、間奏と同じアルペジオパターンがストイックに繰り返されます。そこのあなたしつこいとか言わないで。Gメジャーの曲なんですが、ソ、レ、ミの音を鳴らしているので、マイナーの空気感が付加されます。
 歌詞の解釈は各々に任せます。ご自由にどうぞ。

  <ギターの音作りについて>

P1050706_1024x683_2

 エフェクターは写真左からBOSS CE-3、BOSS DA-2、Maxon OD-9の3つを使用しました。ここからオーディオインターフェースでライン録音、アンプシミュにAmplitube freeを使用しています。ギターはレスポールタイプの良く分からないやつです。親からもらったものなので。
 DA-2は、歪み全般に使いました。どんな演奏にも最適な歪みを提供との触れ込みのペダルですが、実際、つまみを弄らずにギターソロ含めすべてこなせました。ミュート奏法時に低音がボワつくような気がしますが、それ以外は非常に優秀な子です。
 アルペジオは、OD-9でブーストをかけた後CE-3で揺らしています。この2つも親から譲り受けたものです(DA-2と製造時期を比べれば分かるでしょう・・・)。コーラスを強めにかけても気持ち悪くならないのがうれしいですよ。


 <まとめ>
・曲を聴いてみてね。
・BOSSは素晴らしいよ。
・個人的にはチューナー機能のみ使用したZOOM MS-50Gもおすすめするよ。

 
 それでは、このあたりで失礼します。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

«新曲投稿しました。「Pulsation」 ~トランスってむずかしいね!~

Twitter

無料ブログはココログ