« 2014年7月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年9月の記事

{楽曲解説、エフェクターなど}新曲出来ました「タイトルなんて再生してくれればなんでもいいのよ♪」


お久しぶりです。長らくスランプが続いていましたが、ようやく投稿にこぎつけました。

 URLはニコ動がこちら、Youtubeがこちらです。
 今回の動画は、事務員526さんがイラストを描き下ろしてくれました!!!
リアルな方の友人です。本当に感謝しています。多分この記事読んでくれないけど。まあ気を取り直して、曲のことと、ギターのエフェクターのことについて書いていきますね。
  <楽曲について>
 この曲、サビのメロディーは3ヶ月前くらいから浮かんでいました。ただ、Aメロがしっくりこなかったり、コード付けを迷ったりして、先日形になったという感じです。そういうわけで、サビはかなりお気に入りです。
 サビ16小節全体にコーラスが入っていますが、1~4、9~12小節目がIA、5~8、13~16小節目がVY2V3のライブラリです。聞き流す分には分かりにくい差だと思います。ここで言いたいのは、VOCALOIDで厚みのあるコーラスを作りたいけど女声ライブラリが足りない人は、男声を使っても割とうまくいくのでは、という提案です。試してみてね。
 イントロ、メロ、間奏と同じアルペジオパターンがストイックに繰り返されます。そこのあなたしつこいとか言わないで。Gメジャーの曲なんですが、ソ、レ、ミの音を鳴らしているので、マイナーの空気感が付加されます。
 歌詞の解釈は各々に任せます。ご自由にどうぞ。

  <ギターの音作りについて>

P1050706_1024x683_2

 エフェクターは写真左からBOSS CE-3、BOSS DA-2、Maxon OD-9の3つを使用しました。ここからオーディオインターフェースでライン録音、アンプシミュにAmplitube freeを使用しています。ギターはレスポールタイプの良く分からないやつです。親からもらったものなので。
 DA-2は、歪み全般に使いました。どんな演奏にも最適な歪みを提供との触れ込みのペダルですが、実際、つまみを弄らずにギターソロ含めすべてこなせました。ミュート奏法時に低音がボワつくような気がしますが、それ以外は非常に優秀な子です。
 アルペジオは、OD-9でブーストをかけた後CE-3で揺らしています。この2つも親から譲り受けたものです(DA-2と製造時期を比べれば分かるでしょう・・・)。コーラスを強めにかけても気持ち悪くならないのがうれしいですよ。


 <まとめ>
・曲を聴いてみてね。
・BOSSは素晴らしいよ。
・個人的にはチューナー機能のみ使用したZOOM MS-50Gもおすすめするよ。

 
 それでは、このあたりで失礼します。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

« 2014年7月 | トップページ | 2015年1月 »

Twitter

無料ブログはココログ