トップページ | 2014年3月 »

2014年2月の記事

フリープラグイン紹介その2:RoughRider

          

 フリープラグイン紹介、第二弾はAudio Damage さんの「RoughRider」です。こちらはVSTとAUに対応している(ともに64bit対応)コンプレッサーになっています。

 

インストール方法

Audio Damageさんのサイトにアクセスし、左上のメニュー中にある「free downloads」をクリック。

・現時点ではフリーのものはこれだけなので迷わず「Rough Rider」を選択。

・あとは自分のOSに合わせたダウンロードリンクをクリックしてダウンロードするだけ。ZIPファイルを展開するとプラグインがあるので、それを任意のフォルダーに移動すれば、使えるようになります。

 使用感とサンプル

        Roughrider

 見た目からして出来そうな気配がします。やはり見た目の良いプラグインは性能も良いことが多いです。パラメーターは、左から、圧縮率を決めるRetio、コンプのかかり始めと終わりの速さを変えるAttack、Release、かかり具合を決めるSensitivity、出力を上げるMakeupとなっています。真ん中のメーターは見た感じではコンプがかかると振れます。
 このコンプレッサーは、どちらかというと「音作り」のコンプだという印象です。かけ具合は多様ですが、強くかけると良い意味で音が潰れ、コンプかけてます感が出てきます。特にドラムと相性が良いと思います。キックやスネアにかけてもいいですし、全体にかけても荒々しさが出てきます。

 実際の音源を上げて見ます。まずは元データから。

 ドラム音源はBFD ECO、デフォルトの音です。十分きれいですが、今一つ迫力が無いですね。あと音量も小さめです。これにRoughRiderをかけると・・・。

 音にパンチが出てきましたね。いい感じです。もっと強くかけると・・・。

 これはさすがにやりすぎた感がありますね。擬音語を使うならパッツンパッツンという感じでしょうか。ここまで強くコンプをかけることはあまりないでしょうが、ここまでできるということです。今回上げたほかにも、設定次第でさまざまに変化させることが可能です。プリセットも6種類くらいあり、初めての方もパラメーターによる音の変化が分かりやすいのではないでしょうか。

 まとめ!

 このプラグインもそこそこ有名だと聞いています。私もドラムにちょくちょく使っています。コンプレッサーは主にあまり原音を変化させずにダイナミクスを整えるものと、積極的に音を変化させていくものに分かれます。先ほども言いましたがRoughRiderは恐らく後者ですね。コンプレッサーは使い方は難しく(私も試行錯誤中です・・・。)、種類もいろいろとありますが、いろいろ持っていると音作りの幅も広がると思います。まだダウンロードしていない方は是非導入してはいかがでしょうか。


                        にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
                       にほんブログ村     

                      

                      
                      DTM ブログランキングへ

 ブログランキングに参加しました。記事を読んで、「はっともっとって弁当屋みたいでお腹が空いたな」と思った方は是非クリックしてください。皆様の応援が力になります。

それではまた。

フリープラグイン紹介その1:Independence free

 一発目の記事は、定番のものから始めようと思います。

 紹介するのはMAGIX さんの「Independence free」。高校生なら暗記して損はない単語で勉強にもなりありがたいですね。「独立」という意味があります。
 これは同名の有料マルチ音源の無償版という位置づけです。インストール方法が少々めんどくさいのですが、これは詳しい解説がいろいろ書いてあるのでググることをおすすめします。

 立ち上げた画面はこちら。
Independence1_2

 私のPCの解像度の関係で全部写っていませんがご容赦を。起動するとピアノの音色が読み込まれます。
 音色数はそこまで多くありません。同じサンプル素材のバリエーション違いも結構あります。容量は2ギガバイトくらいとかなり大きなものになっています。
 実は私、何度かインストールに失敗していまして、最近やっとうまくインストール出来ました。まだそんなに使っていませんが、よさげな音色を挙げてみると、

・アコースティックドラム:ハイハットは個人的に好きではないですが、それ以外はフリー物  の中でもかなり使える部類に入ると思います。
・エレキギター:歪んだパワーコードのみ! 持続音とミュートが分かれています。使いどころは限定されますが、手軽なので作曲時のメモ的な使い方にもいいのではないでしょうか。こんな音源、探していました。でも見つからなかった。青い鳥は近くにいますね。
・エレキベース:これは使えます。同じ音を連打してもあんまり嘘くさくないです。

 この辺は個人的に優秀だと思ったところです。他にもループする音色や、エスニック系のパーカッションなどいろいろありますので、インストールして損はありません。これをフリーにするとは太っ腹ですね。

 ちなみにこれ、エフェクト単体で使うこともできます。一般的なものは大体そろっています。

 最後に、20分くらいで適当に、Independence freeのみを使ってデモを作ってみました。

 定番のコード進行になんとなく伴奏をつけただけです。ドラム、ベース、ギター、アルペジエーターのシンセ、エレピ、すべてIndependenceのプリセットのまま。マスタートラックには、Independenceのリミッターをかけて音圧を上げています。私の力量不足が露呈していますが、ベターと打ってこのクオリティはなかなかではないでしょうか。

 Independence free。結構使えると思います。まだ持っていない方はお試しあれ。

 それでは。

 

ブログをはじめました

 はじめまして。はっともっとといいます。趣味は作曲です。主にVOCALOID楽曲を作っています。ニコニコ動画の投稿楽曲はhttp://www.nicovideo.jp/mylist/36614227になります。

 ブログではDTMに関することを書いていくつもりです。拾い集めているフリープラグインの紹介が多くなるような気がします。なにせ、アカデミックな人間ですから。作曲そのものや、DAWの話もしていこうかと思います。

 ブログタイトルで気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、好きなアーティストはスピッツです。歌詞もサウンドも素晴らしいです。スピッツの話もあるかもしれません。ちなみにタイトルは、「けもの道」という曲のサビです。

 Twitterもやっています。https://twitter.com/hattomotto からどうぞ。字数が少なく私の言いたいことが言い切れなかったのでブログを始めた次第ですが、こちらの方がお手軽なので更新頻度は高い気がします。

 それではぼちぼち頑張ります。生暖かい目で見守ってください! よろしくお願いします。

トップページ | 2014年3月 »

Twitter

無料ブログはココログ