カテゴリー「フリープラグイン、音源 」の記事

フリープラグイン紹介その1:Independence free

 一発目の記事は、定番のものから始めようと思います。

 紹介するのはMAGIX さんの「Independence free」。高校生なら暗記して損はない単語で勉強にもなりありがたいですね。「独立」という意味があります。
 これは同名の有料マルチ音源の無償版という位置づけです。インストール方法が少々めんどくさいのですが、これは詳しい解説がいろいろ書いてあるのでググることをおすすめします。

 立ち上げた画面はこちら。
Independence1_2

 私のPCの解像度の関係で全部写っていませんがご容赦を。起動するとピアノの音色が読み込まれます。
 音色数はそこまで多くありません。同じサンプル素材のバリエーション違いも結構あります。容量は2ギガバイトくらいとかなり大きなものになっています。
 実は私、何度かインストールに失敗していまして、最近やっとうまくインストール出来ました。まだそんなに使っていませんが、よさげな音色を挙げてみると、

・アコースティックドラム:ハイハットは個人的に好きではないですが、それ以外はフリー物  の中でもかなり使える部類に入ると思います。
・エレキギター:歪んだパワーコードのみ! 持続音とミュートが分かれています。使いどころは限定されますが、手軽なので作曲時のメモ的な使い方にもいいのではないでしょうか。こんな音源、探していました。でも見つからなかった。青い鳥は近くにいますね。
・エレキベース:これは使えます。同じ音を連打してもあんまり嘘くさくないです。

 この辺は個人的に優秀だと思ったところです。他にもループする音色や、エスニック系のパーカッションなどいろいろありますので、インストールして損はありません。これをフリーにするとは太っ腹ですね。

 ちなみにこれ、エフェクト単体で使うこともできます。一般的なものは大体そろっています。

 最後に、20分くらいで適当に、Independence freeのみを使ってデモを作ってみました。

 定番のコード進行になんとなく伴奏をつけただけです。ドラム、ベース、ギター、アルペジエーターのシンセ、エレピ、すべてIndependenceのプリセットのまま。マスタートラックには、Independenceのリミッターをかけて音圧を上げています。私の力量不足が露呈していますが、ベターと打ってこのクオリティはなかなかではないでしょうか。

 Independence free。結構使えると思います。まだ持っていない方はお試しあれ。

 それでは。

 

その他のカテゴリー

Twitter

無料ブログはココログ